善竹富太郎がアパホテルに隔離待機した理由とは?場所や期間についても

2020年4月30日に大蔵流狂言師の善竹富太郎(ぜんちく とみたろう)さんが新型コロナウィルス感染に伴う敗血症で亡くなられました。

善竹富太郎さんは4月9日に倒れ病院へ緊急搬送されました。

後日、コロナウィルス 感染の陽性反応が出てから、病院ではなくアパホテルに隔離待機されていました。

今回は、善竹富太郎さんのアパホテルで隔離待機していた理由とアパホテルの場所や療養期間をまとめてみました。

善竹富太郎がアパホテルに隔離待機した理由

まずは、善竹富太郎さんがアパホテルで隔離待機した経緯と理由を見てみましょう。

善竹富太郎さんがアパホテルで隔離待機した理由

日本全国に『アパホテル』を展開しているアパグループが、2020年4月3日に新型コロナウイルスの軽症患者らを受け入れることを発表しました。

そのアパホテルに善竹富太郎さんは隔離待機されていました。

自宅で隔離待機している多くの感染者もいる中、善竹富太郎さんは仕事仲間や家族のことを考え、アパホテルでの隔離待機を選ばれたのかもしれません。

引用:Gem Med – https://gemmed.ghc-j.com/?p=33280

4月9日は倒れたということから、PCR検査で陽性が出てからは一時的に入院されていたと思われます。

陽性反応が出ていたたのに、病院への入院がなかったのは、軽症または無症状だったからではないでしょうか。

善竹富太郎さんが新型コロナウィルス感染からの経緯

善竹富太郎さんの新型コロナウィルスによる感染の経緯を見てみましょう。

  • 4月9日以前に新型コロナウィルス感染
  • 4月9日に倒れ病院へ緊急搬送
  • 後日、新型コロナウィルス感染が判明(PCR検査で陽性)
  • アパホテルで隔離待機
  • 4月30日に東京都渋谷区の病院で敗血症により死去

4月9日に倒れられてから、三週間どのような生活を送られていたか詳細は分かりませんが、突然の重症化したことが想像できます。

善竹富太郎が隔離待機していたアパホテルの場所と療養期間

善竹富太郎が隔離待機していたアパホテルの場所

善竹富太郎さんが療養していたアパホテルの場所について詳しい情報はありませんが、亡くなられた病院が都内の渋谷区だったことから、どこのアパホテルか予測してみました。

  • アパホテル渋谷道玄坂上

  • アパホテル西麻布

以上の2箇所が渋谷区または渋谷区から一番近いアパホテルで、どちらかに善竹富太郎さんが隔離待機されていたのではないでしょうか?

東京都内には、他にもアパホテルが点在していることから、他のアパホテルにいた可能性もあります。

善竹富太郎が隔離待機していたアパホテルでの療養期間

善竹富太郎さんが4月9日に倒れられ病院へ緊急搬送され一時入院されていたことを予測すると、約2週間アパホテルで療養されていたのではないでしょうか?

回復傾向にあったにも関わらず、病状が悪化してしまったことが残念でなりません。

世界にも狂言を広めようと尽力を尽くされてこられた善竹富太郎さん、狂言会にとって、また善竹富太郎さんのファンにとって非常に悲しい出来事でした。

ご冥福をお祈りします。

まとめ

今回は、善竹富太郎さんのアパホテルで隔離待機していた理由とアパホテルの場所や療養期間をまとめてみました。

狂言師・善竹富太郎さんの訃報は、改めて新型コロナウィルスの恐ろしさを日本国民をはじめ世界の人々に知らしめ他出来事だったのではないでしょうか?

【関連記事】善竹富太郎のコロナ感染経路は公演会場か?重体化は持病が原因?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です