矢田亜希子が劣化して老けたと噂に!?全盛期の若い頃と現在の画像で比較 

女優の矢田亜希子さんは、1995年、ドラマ『愛していると言ってくれ』で、主人公の妹・栞役でドラマデビューし、今年で女優歴25周年を迎えられます。

最近は、矢田亜希子さんが劣化した、老けたとネットで噂になっているようです。

そこで今回は、矢田亜希子さんが本当に劣化して老けたのか、全盛期の若い頃と現在の画像で調査していきたいと思います。

矢田亜希子が劣化して老けたと噂に!?

まずは、矢田亜希子さんが劣化した、老けたなどのネット上でのコメントを見ていきたいと思います。

 

やはり、年には勝てないのでしょうか、昔にくらべると劣化したという声があります。

しかし、私には矢田亜希子さんは、いまだにスタイル抜群で、年齢が40代に見えないほどの美人だと思えます。

矢田亜希子の全盛期の若い頃と現在を比較【画像】

ここで、矢田亜希子さんの若い頃と現在の画像で方んとうに劣化しているのか見ていきたいと思います。

矢田亜希子の全盛期の若い頃

20代前後の矢田亜希子さんです。

まだ、学生っぽくて、幼さが感じられますが、とてもかわいいですね。

2003年、2004年放送のドラマ『白い巨塔』に出演時の矢田亜希子さんです。

二十代前半の矢田亜希子さんは、爽やかさともどかしさを持ち合わせ、特に『白い巨塔』では、人を惹きつけるような美しさを持っていたような気がします。

20代後半の矢田亜希子さんは、まさに、全盛期中ので最も可愛さと美しさを兼ね備えた時代だったのではないでしょうか。

矢田亜希子の現在(2020年2月現在)

矢田亜希子さんは、2020年2月現在41歳です。

全盛期と比べると劣化した老けたという声を聞くのは仕方のないことです。

しかし、果たして40代の女性で、こんなに色気があり、スタイリッシュな美人がいるでしょうか。

私には、むしろ劣化どころか、若い頃よりも美人で可愛くねっているように思います。

まとめ

そこで今回は、矢田亜希子さんが本当に劣化して老けたのか、全盛期の若い頃と現在の画像で調査していきました。

本当のところ、彼女のなどの物理的な部分は変化した劣化して老けた)という人もいるかもしれません

しかし、私には、矢田亜希子さんが、全盛期よりもさらに美しく、そしてかわいくなっている気がします。

そんな矢田亜希子さんを、一人の女優として、また女性として応援していきたいと思います。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です