志賀廣太郎はどこで大学講師を?桐朋学園で異色の経歴が話題に!

俳優の志賀廣太郎さんが4月20日午後8時20分に誤嚥性肺炎のため亡くなられました。

志賀廣太郎さんは42歳で俳優デビューし、デビュー前から大学講師をされていました

今回は、志賀廣太郎さんのどこで大学講師していたのか、また桐朋学園での異色の経歴をまとめてみました。

志賀廣太郎はどこで大学講師を?

まずは、志賀廣太郎さんがどこで大学講師をされていたのか見てみましょう。

志賀廣太郎はどこで大学講師を?

1978年から母校の桐朋学園大短期大学部(現在・桐朋学園芸術短期大学)非常勤講師をされていました。

1966年(昭和41年)に芸術科(音楽専攻・演劇専攻)を設置。演劇専攻は俳優座養成所(俳優座演劇研究所付属俳優養成所)を前身とし、千田是也、安部公房、田中千禾夫などが創設時の教員。引用:Wikipedia

有名な演出家も教員だったことから、多くの俳優・女優を目指す学生が演劇を学びに来る大学だということが分かります。

同大学出身者の中には大竹しのぶさんや高畑淳子さんなどの大物女優や、ナウシカの声優で有名な島本須美さんも!

志賀廣太郎さんは、2013年時点では、専攻科生(桐朋3,4年目の学生)対象の「演劇特別研究」という授業を受け持っていました。

非常勤講師として週1回、1コマ90分の授業を受け持つ。学生に芝居を創作させ、セリフを作り、演出し、演じるという演劇の3つの側面を考えるよう指導している。出典:スポニチアネックス

30年以上も大学講師をされていたなんて、講師としてもかなり評価されていたのではないでしょうか?

桐朋学園芸術短期大学の住所

桐朋学園大短期大学部(現在・桐朋学園芸術短期大学)の住所はこちら↓

所在地: 〒182-8510 東京都調布市若葉町1丁目41−1

新宿から電車で約40分のところなので、都心からも通学しやすいです。

志賀廣太郎の桐朋学園大短期大学部の教え子

志賀廣太郎さんの教え子の中に、女優の南果歩さんがいらっしゃいます。

南果歩さんは、『学生時代の恩師』である志賀廣太郎さんについて振り返っています。

「卒業公演でも演出して頂きました。色んな思い出が今、胸の中を駆け抜けています」と悲痛な思いをつづった。また「あの艶のあるお声、他者への思いやり、そしてユーモア。もっともっと先生の芝居を見たかった。共演もしたかった。早すぎるます。残念です」と追悼。「芝居を愛し、俳優を愛し、芝居に関わる全てを愛した、心優しい素晴らしい先生でした」と突然の別れを惜しんだ。出典:SANSPO.COM

恩師の突然の死について、かなりショックだったのではないでしょうか?

志賀廣太郎の桐朋学園での異色の経歴

志賀廣太郎(当時23歳)

ここで、志賀廣太郎さんの桐朋学園大での異色の経歴を見てみましょう。

志賀廣太郎の学生時代

志賀廣太郎さんは、桐朋学園大短期大学部演劇専攻で演劇を勉強されていました。

23歳の時に同大学修了後にドイツへ留学!

30歳までドイツに滞在し、演劇を学ばれていたようです。

志賀廣太郎さんは30歳になる前からお付き合いされていた彼女と結婚するためにドイツから日本へ帰国されました。

志賀廣太郎の俳優デビューのきっかけ

劇作家:平田オリザ

志賀廣太郎さんは1990年、42歳の時に劇団「青年団」を主宰する劇作家の平田オリザ氏(54)と出会いました。

志賀廣太郎さんは、平田オリザ氏の演技への考え方に共鳴し入団しました。

桐朋学園大短期大学部演劇専攻非常勤講師の仕事を続けながら二足のわらじで俳優をされていたそうです。

まとめ

今回は、志賀廣太郎さんの現在の家族構成や子供についてまとめてみました。

名脇役として視聴者に愛され続けた志賀廣太郎が亡くなられたことが残念でなりません。

ご冥福をお祈りします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です