【俳優】岡村隆史の標準語に違和感と噂に!?「麒麟がくる」での演技力を調査

お笑いタレント、司会者、俳優、ラジオパーソナリティであり、お笑いコンビ・ナインティナインの岡村隆史さんは、2020年2月現在、NHK大河ドラマ【麒麟がくる】に出演されています。

岡村隆史さんといえば、大阪出身で、普段は大阪弁で話されています。

しかし、【麒麟がくる】の出演中のように、ドラマでは、時々、標準語を話されているのを耳にすることがあります。

今回は、岡村隆史さんの標準語に違和感があるという噂や、ドラマでの演技力について調査し、お伝えいていきたいと思います。

岡村隆史の標準語に違和感と噂に!?

まずは、標準語に違和感があるという噂があるようなので、ネットでのコメントを見ていきたいと思います。

実際、関西地方出身の人が、標準語を話すというのは、関西地方以外の人関西弁を流暢に話せるようになるくらい、難しいのではないでしょうか。

テレビで見る岡村隆史さんは、いつも大阪弁を話されているということもあり、岡村隆史さんご自身の標準語が、どれだけうまくても、やはり違和感を感じざるを得ないのではないでしょうか。

たまにですが、普段から関西弁を喋らない俳優または女優の方が、ドラマで関西弁を喋っているのを聞くと、非常に違和感を感じることがあります。

岡村隆史の「麒麟がくる」での演技力

ここで、お笑い芸人やラジオパーソナリティーで有名な岡村隆史さんの、俳優として「麒麟がくる」での演技力がどのようなものなのか、ネットでの評価を見ていきたいと思います。

岡村隆史さんの俳優としての演技は、高評価のようです。

2019年に公開された映画「忠臣蔵」から、岡村隆史さんの演技力が評価され始めてきたようです。

これまで、数々のドラマや、映画に出演されてきた岡村隆史さんですが、あくまでも芸人の延長という領分として、俳優のオファーがあったようです。

これまでの出演作品のように、映画「忠臣蔵」でも、起用する側からは、話題作りで岡村隆史さんに演技力など要求していなかったようです。

そんな中、岡村隆史さんに、俳優の仕事に本腰を入れようと思ったきっかけがあったようです。

「昨年公開された映画『決算!忠臣蔵』です。興行的にはイマイチの結果に終わったが、共演した濱田岳から演技力を絶賛されたそうなんです。濱田の言葉で、俳優として頂点を目指してやろうという気持ちが芽生えてきたそうです」引用:東スポweb

現役の人気俳優さんに、演技力を絶賛されるなんて、とても嬉しいことですね。

NHK大河ドラマ【麒麟がくる】で、菊丸という農民を演じられている岡村隆史さんですが、今後の彼の演技がどのようなものなのか、注目していきたいと思います。

まとめ

今回は、岡村隆史さんの標準語に違和感があるという噂や、ドラマでの演技力について調査し、お伝えしてまいりました。

これから、もし、岡村隆史さんが俳優として本格的に活動していかれるのであれば、今までのような芸人としての顔でなく、彼の新しい顔が見れるというのは、一つのたのしみですね。

これからも、そんな岡村隆史さんを応援していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です