仲川遥香はインドネシア語がペラペラと評判!ジャカルタ観光大使に任命も

アイドルグループAKB48、JKT48の元メンバーの仲川遥香(なかがわ はるか)は、現在(2020年3月)、インドネシアのジャカルタでタレント女優として活動されています。

仲川さんは、2012年の秋にインドネシアに渡ってから7年経過した、現在でもインドネシアに住んでいます。

今回は、そんな仲川さんのインドネシア語について、ネットでの評判や映像で、仲川さん語学力を確認していきたいとおもいます。

仲川遥香はインドネシア語がペラペラと評判!

ここで、インドネシア語を話している仲川さんの動画とネットでの評判を見ていきたいとおもいます。

仲川遥香のインドネシア語【動画】

仲川さんは、インドネシア語を止まらずに喋っていて、スゴイですね。

もう、インドネシア語をマスターされているのではないでしょうか?

こちらは、最近の仲川さんで、インドネシア語で話す時の方が、日本語よりいきいきされていると、感じるのはわたしだけでしょうか?

すごく楽しそうに見えます。

こちらは、JKT48メンバー在籍時の仲川さんです。

当時すでに、インドネシアで有名になって、インタビューできるほどの語学力があったんですね。

それにしても、語学の上達が早いですね。

仲川遥香のインドネシア語についてネットでの評判

https://twitter.com/mtchocolatesb/status/1097042730381828096?s=20

仲川さんの語学力を賞賛する人が多いようです。

確かに、インドネシアに行ってから、4カ月でほぼ日常会話ができたそうなので、かなり努力されたのではないでしょうか。

しかも、学校にも行かずに覚えたとなれば、仲川さんの記憶力がスゴイことが証明できますね。

これからも、インドネシア語を話す仲川さんから目が離せません。

仲川遥香がジャカルタ観光大使にも任命

仲川さんの衣装や髪型が、とてもかわいいです。

仲川遥香(左から3番目)

仲川遥香さんは、JKT48のメンバー在籍中の2014年に、JKT48がジャカルタ州政府観光局より「Enjoy Jakaruta大使」に任命されました。

2014年当時、JKT48に移籍されて2年足らずで、すでに日常会話はもちろん、通訳なしでテレビ出演もされていた仲川さんだからこそ、このように名誉な観光大使に任命されたのではないでしょうか?

仲川さんは、インドネシア語の語学力と、テレビでの人気によってこれからも、大活躍されていくのではないでしょうか?

2020年現在、インドネシアで国民的スターの仲川さんは、今後もしかすると、個人でジャカルタあるいはインドネシアの観光大使に任命される可能性もあるかもしれませんね。

まとめ

今回は、そんな仲川さんのインドネシア語について、ネットでの評判や映像で、仲川さんがどのくらい上手に話されているのかをご紹介いたしました。

グローバル社会の現在、今後、仲川さんのような海外進出をしていくアイドルがたくさん増えていくかもしれませんね。

インドネシアで頑張っている、仲川遥香をずっと応援していきたいと思います。

【関連記事】【衝撃】仲川遥香の生い立ちが波瀾万丈!!姉の死因や父親母親の消息は?

【関連記事】仲川遥香が現在インドネシアでなぜ人気なの?前田敦子が海外進出きっかけだった

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です