【画像】槇原敬之の保釈時のヒゲ姿がヤバい?歯がボロボロな理由は?

歌手の槇原敬之さんが、覚せい剤取締法違反などの罪で2020年2月13日に逮捕され、同年3月6日午後7時、22日ぶりに保釈されました。

保釈の際、槇原さんは、東京湾岸署前に集まっ他方同人やファンの人たちに、頭を下げ、自分が迷惑をかけていたことを謝罪していました。

その時の槇原さんは、ヒゲが長く、歯がボロボロの状態で、風貌がかなり変わっていました。

今回は、保釈時の槇原さんの画像を見ながら、容姿が変化した理由について探っていきたいと思います。

槇原敬之の保釈時のヒゲ姿がヤバい【画像】

まずは、槇原敬之さんが、保釈されたときの画像をまとめてみましたので、ご覧ください。

槇原さんのヒゲがかなり伸びていて、白髭も混じっています。

容姿がまるで別人かのような、槇原さんは、歯も抜け落ちています。

一体何があったのでしょうか?

どことなく寂しげな姿をしている、槇原さんです。

槇原さんは、元気がないようにも見えます。

覚せい剤取締法違反の罪で再逮捕された槇原さんは、相当参っているといった印象を受けます。

元気のない槇原さんはみたくないので、もう二度と覚醒剤に手を出さないで欲しいですね。

槇原敬之の歯がボロボロな理由

槇原さんが保釈時に、歯がボロボロになっているのを目にし、私自身驚きを隠せませんでした。

こちらの槇原さんの歯が綺麗なときです。

 

槇原敬之(保釈時:左)

以前と比べ、槇原さんの歯並びがだいぶ変化しているようにも見えます。

保釈時の槇原さんの姿を目にしたとき、私自身驚きを隠せませんでした。

では、なぜボロボロになってしまったのか、探っていきたいと思います。

原因として覚せい剤は歯を溶かす酸性で歯に悪いです。また、シャブの製造過程で残ってしまった酸性の不純物が、歯肉や歯の表面を腐食し、炎症を起こします。

医療用でない違法に製造されたシャブは不順物も多く、プッシャー(密売人)が身体に悪い得体の知れない物で薄めるから余計に悪くなります。引用:佐賀市の歯医者「池田歯科医院」のドクターズブログ

槇原さんは、覚醒剤と危険ドラッグ「ラッシュ」を所持した疑いで逮捕されました。

薬物使用に関しては、尿検査で院生が出ており、槇原さん本人もしばらく使用していなかったと言っています。

実際に、まだ真相ははっきりしていませんが、槇原さんの歯の状態から、薬物使用を疑われて仕方がないと言えるくらいはの状態が悪いです。

歯がボロボロになった理由が、2020年3月現在はっきりとは分かっていません。

『薬物使用』、『虫歯または歯槽膿漏』、『その他』といろんな理由が考えられますね。

理由が解明され次第、追記いたします。

まとめ

今回は、槇原さんの容姿が変化した理由について探っていきました。

しかし、槇原さんの容姿が変化した理由について明快な理由は、分かりませんでした。

違法薬物所持で再逮捕された槇原さんには、今後、薬物使用はもちろん所持もしないよう願うばかりです。

そして、また再び元気な姿で、歌の世界に戻ってくることをファンの皆さんは願っているのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です