【麒麟がくる】題名の由来や意味を徹底解説!中国神話の霊獣だった?!

2020年1月に始まったNHK大河ドラマ【麒麟がくる】が、初回の第1話の視聴率19%を超え、高視聴率ドラマとして、視聴者から注目が集まっているようです。

しかし、ドラマの題名”麒麟がくる”とは、一体どういう意味なのか、疑問に思われている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで今回は、麒麟【麒麟がくる】という題名の由来、そして意味を徹底的に紐解いて調査し、解説していきたいと思います。

【解説】麒麟とは中国神話の霊獣だった?!

 

麒麟はキリンと読みますが、私たちが想像する、動物園にいるあのキリンではないようです。

中国神話に登場する、仁の心を持つ君主が生まれると姿を現す仁徳霊獣だそうです。

麒麟は、2000年生きるといわれており、非常に温厚で、虫1匹殺さないほどの心優しい性格の持ち主で、現れたら人々を幸せにするそうです。

私たち日本人にも、麒麟のイメージを普段から身近に見ることができます。

それは、キリンビールのロゴです。

大河ドラマ【麒麟がくる】題名の由来と意味

ここで、大河ドラマの題名【麒麟がくる】の由来と意味を推測し、解説していきたいと思います。

題名の由来

麒麟その時代を治める王が誕生すると姿を現れる霊獣で、まさに太平の世の象徴です。

【麒麟がくる】の時代背景は、乱世の戦国時代という設定で、当時の人々は、戦国武将の誰かが国を治め、民の飢えやくるし平和が来ることを待ち望んでいるところから、題名【麒麟がくる】となったのではないでしょうか。

題名の意味

題名【麒麟がくる】をシンプルに訳すと、平和がくるになるようです。

しかし、麒麟は才能と徳の両方を兼ね備えた人物の象徴ともいわれているようです。

本作【麒麟がくる】に登場する、明智光秀、織田信長、斎藤道三、徳川家康、今川義元などの戦国武将の1人が、時代を治めにやってくるつまり、王の誕生という意味もあると思います。

主演の長谷川博己さんの、明智光秀の演技が話題になっています。

【麒麟がくる】長谷川博己は演技下手なの上手なの?演技力の反応は?

染谷将太さんは、織田信長をどう演じるのか、目が離せません。

斎藤道三演じる本木雅弘さんの顔立ちは、まさに乱世を生きる戦国武将そのものです。

幼い頃の徳川家康を演じる風間俊介さんは、優しい顔立ちが素敵です。

今川義元を演じる片岡愛之助さんは、凛々しい顔に無精髭がお似合いです。

【麒麟がくる】矢野聖人の演技力がスゴイと話題!!経歴や画像まとめ

【麒麟がくる】川口春奈が演じる帰蝶とは濃姫のこと?名前の意味を調査!

まとめ

今回は、大河ドラマ【麒麟がくる】の題名の由来と意味を、麒麟の本当の意味から推測し、解説いたしましました。

しかし、麒麟がくる】の作者が、なぜこの題名をつけたのかは、やはりストーリーをみ終わった時に、本当の意味が理解できるのではないでしょうか。

今後も、キャストの演技だけでなく、最終的に【麒麟がくる】とはどういう意味だったのかを、ストーリーを見ながら、検証していきたいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です