はじめしゃちょー推しのコロナ映画は『コンテイジョン』!あらすじもご紹介

2020年4月8日に新型コロナウィルス 感染感染防止のため緊急事態宣言が出されて以来、5月に入ってからも外出自粛を余儀なくされています。

Youtuberのはじめしゃちょーがコロナウィルス感染拡大の中、Youtube視聴者に対して「是非みて欲しい」と推しの映画があるそうです。

今回は、はじめしゃちょー推しのコロナ映画『コンテイジョン』についてご紹介させていただきます。

はじめしゃちょー推しのコロナ映画は『コンテイジョン』!

まずは、はじめしゃちょー押しの映画について見てみましょう。

はじめしゃちょー推しのコロナ映画『コンテイジョン』について

『コンテイジョン』は2010年2月に企画されたアメリカのスリラー映画です。

映画タイトル『コンテイジョン』(英語:CONTAGION)の意味は、感染伝染です。

2020年5月現在も、世界中で新型コロナウィルス感染拡大が収束する様子がないことから、この映画のタイトルを聞いただけで恐怖を感じ人も多いのではないでしょうか?

しかし、緊急事態宣言下において特に用もないのに平気で外出している人には、映画を見ることでいい薬になるのかもしれません。

はじめしゃちょー推しのコロナ映画『コンテイジョン』の予告編【動画】

はじめしゃちょーの推しのコロナ映画『コンテイジョン』の予告編はこちら↓

予告編を見るだけでも、現在の新型コロナウィルス感染拡大が中継されているかのような印象を受けてしまいます。

このような映画が10年前に企画・製作されていたのが驚きです。

以下のような理由で『コンテイジョン』の監督がスティーブン・ソダーバーグ氏に任命されたようです。

米エンタメ業界が新たな安全対策を作るにあたり、パンデミックに詳しく、業界で顔の広いソダーバーグ監督はまさに適任といえそうだ。引用:映画.com

既にコロナ流行のようなパンデミックが起こることは、一つの仮説としてあったのではないでしょうか?

はじめしゃちょー推しのコロナ映画『コンテイジョン』についてネットでの反応

はじめしゃちょー推しの映画『コンテイジョン』について、ネットでの反応は以下の通りです。

今回の新型コロナウイルス流行状況が映画のシーンと似ているという意見が多いようです。

2020年5月現在ウィルス感染拡大が続いている中、『コンテイジョン』を観ることで外出を控える人が増え、より感染拡大防止ができるかもしれませんね。

はじめしゃちょー推しのコロナ映画『コンテイジョン』のあらすじについて

それではここで、はじめしゃちょー推しの映画タイトルと映画の予告編をご紹介させていただきます。

ちょうど10年後、いま現在のコロナ流行の状況をそっくり映し出したかのようです。

まずは、映画のあらすじを以下の通りです。

ベス・エムホフ(グウィネス・パルトロウ)は香港出張の帰り、夫のミッチ(マット・デイモン)が待つミネソタの自宅に向かわず、シカゴで元恋人と密会する。だが、ベスは咳と熱を発症しており、同じような症状の人間が香港、ロンドン、東京など各地で次々と亡くなっていた。

帰国から2日後、ベスが死亡し、続けてベスの連れ子クラークも命を落とす。報告を受けた世界保健機構(=WHO)のドクター・レオノーラ・オランテス(マリオン・コティヤール)たちが、続いてアトランタの疾病予防センター(=CDC)が調査に乗り出す。

感染が疑われる人々の隔離を実施。カリフォルニア大学の医師が、コウモリと豚のウィルスが混ざった新種のウィルスであることを解明したが、現時点では治療法もワクチンもない。WHOはウィルスが48時間以内に世界主要都市に拡散すると宣告。ワクチン開発に全力が注がれるものの、ウィルスは変異し、恐るべき速度で感染拡大してゆく。

米仏が治療薬を極秘に製造しているとの噂が広まったことから、中国衛生部のスン・フェンが故郷の村人のワクチンとの引き換えとして、オランテスを拉致。任務途中で感染するミアーズ。恋人に極秘情報を漏らしてしまうチーヴァー。娘を家に閉じ込めるミッチ。それぞれが愛する者を守ろうとする中、アランは政府が有効な治療薬を隠していると主張。恐怖はウィルスよりも早く感染し、パニックを起こした人々によって、各地で暴動が勃発する。

それぞれが選んだ決断は……?そして明かされるウィルスの発生地点とは……?

引用:ぴあ映画生活・https://cinema.pia.co.jp/title/s-155242

映画の内容とコロナ流行の共通点が非常に多いです。

企画・製作した映画の内容が、まさか10年後に現実に起こるなんて誰もしなかったのではないでしょうか?

映画のストーリーの展開が、今回のコロナ流行の感染状況、ワクチンが無いことなど共通点が見られます。

まるで2020年のパンデミックを例に作られた映画のようです。

はじめしゃちょーの『コンテイジョン』についてのコメント【動画】

はじめしゃちょー推しの映画『コンテイジョン』についてのコメント動画はこちら↓

はじめしゃちょーは動画で以下のようなことを主に語られています。

  • 『〇〇をしてはいけません』、『〇〇しよう』って言っても聞かない人は一定数いる思います
  • そのようなコロナ感染拡大防止対策(マスクをつける、3密を避けるなど、外出自粛)を知っているけどやらない人たちへのために是非観て欲しい映画があります
  • 『コンテイジョン』という映画を見てください!
  • 『コンテイジョン』の内容が今の状況とにすぎてヤバいです
  • 本当に8、9年前に作った映画なのか?というくらい震えます
  • 最終的にウィルスが流行った後の世界がどうなるかを映画を見て知って欲しいです
  • 『防がないとこうなる』というのを知って欲しいです
  • 実際に『コンテイジョン』を観て意識が変わりました
  • 是非時間のある方は観てみてください

確かに何か説得力のあるはじめしゃちょーのコメントです。

映画『コンテイジョン』のような非現実的な世界が現実に起こっていることを知らせてくれる映画なのではないでしょうか?

まとめ

今回は、はじめしゃちょー推しのコロナ映画『コンテイジョン』についてご紹介させていただきました。

個人的に、はじめしゃちょーが「一度観て」と言われていることに共感できます。

緊急事態宣言の中、一度この映画を観て新型コロナウィルス感染の恐ろしさを実感し、自分の実は自分で守という意識を持つ人が増えるかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です