緊急地震速報の音が心臓に悪いと評判に?変更の可能性について調査!

2020年5月4日午後10時8分ごろ、千葉県銚子沖で地震があり、予想最大震度5弱の緊急地震速報が出されました。

多くの人々がアラート(警報)音に対し『心臓に悪い』とネットで評判になりました。

今回は、アラートの音についてネットでの評判や、アラート音の変更の可能性についてまとめてみました。

緊急地震速報のアラート音が心臓に悪いと評判

緊急地震速報のアラート音と、アラート音についてのネットでの評判をご紹介させていただきます。

緊急地震速報の心臓に悪いと言われるアラート音

緊急地震速報のアラート音はこちら↓

いきなりアラーム音を聞いたら、恐ろしくなったり心臓に悪そうな音色です。

もう少しパニックにならないように人が聴いて冷静に行動できるような音色やリズムにできなかったのでしょうか?

個人的に、アラーム音がとても怖い音に聞こえてしまいます。

緊急地震速報のアラーム音についてネットでの評判

緊急地震速報のアラーム音について、ネットでの評判は以下の通りです。

アラート音の音色やリズムは計算されて作られているのかもしれませんが、人によっては耐えられないほど嫌な音に聞こえ、また心臓に悪いと言う人もいるようです。

一人一人がアラート音を好みで自由に設定できるようにしたら、地震が起きた時にみんなが冷静で早く行動ができるのではないでしょうか?

緊急地震速報のアラート音の変更の可能性について

2020年5月現在、緊急地震速報のアラート音の変更の可能性については公表されていません。

中にはアラート音が嫌で通知オフにしている人もいるようです。

災害から身を守るためにもアラート音を自由に選べなくても何通りかの中から選択できるようにした方が良いのではないでしょうか?

個人的に、アラート音をオフにすると言うのは災害時に危険なので、政府または気象庁がアラート音のバリエーションを増やして欲しいと思います。

まとめ

今回は、緊急地震速報のアラートの音についてついてまとめてみました。

アラート音のおかげで人々の注意を促し、災害から身を守れるのも事実です。

しかし中には、心臓に歩いと言う人もいるので、是非アラート音についての改善をして欲しいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です