芦田愛菜の出身地は関西だった!!関西弁と標準語の使い分けがうまいと評判に

女優でタレントの芦田愛菜さんは、普段からテレビや映画で見ると、標準語で話されています。

しかし、実は芦田愛菜さんは、関西出身で、芸能活動をするために東京へ引っ越してこられました。

今回は、芦田愛菜さんの出身地や、喋り方についてまとめ、ご紹介していきたいと思います。

芦田愛菜の出身地は関西だった!!

芦田愛菜さんは、普段、標準語を話されているので、都内または、関東地方出身のイメージがあります。

しかし、芦田愛菜さんの出身地は、実は関西地方の兵庫県西宮市です。

それでは、兵庫県西宮市とは、どこにあるのか地図で確認していきたいと思います。

こちらの地図で見ると、西宮市神戸市と大阪市の間に位置し、関西の大都市(大阪、神戸)のベッドタウンです。

西宮市は、神戸や大阪へは、電車で15−20の至近距離に位置しているので、都心部へのアクセスが非常に便利です。

また、西宮市には、全国高校野球のメッカである、甲子園球場があるところでもあります。

それから、有名芸能人の中にも西宮市出身の方がいらっしゃいます。

  • 藤原紀香
  • 生瀬勝久
  • 月亭方正
  • 鈴木亮平
  • 桂小枝
  • 内田裕也

かなり有名な方ばかりですね。

芦田愛菜さんも、今後上記の芸能人のように有名になるような気がします。

芦田愛菜さんは、小学校へ入るまで兵庫県西宮市に住んでいて、光明幼稚園(2008年4月に光明幼稚園へ入園し、2011年3月に卒園)へ通っていました。

芦田愛菜さんは、幼稚園を卒業する2011年3月までは、普段は関西弁を話されていたと思われます。

芦田愛菜の関西弁と標準語の使い分けがうまい

関西出身の芦田愛菜さんですが、世間では、関西弁と標準語の使い分けを賞賛するコメントがあるようです。

 

2020年2月現在までに、テレビや映画で、芦田愛菜さんが関西弁を話されるのはあまり聞いたことがありません。

普段、テレビや映画で、標準語を話されていることが多いので、芦田愛菜さんが関西弁を喋っているのは想像できませんんね。

しかし、実は過去に、芦田愛菜さんが、関西を舞台にした、2011年公開映画『円卓 こっこ、ひと夏のイマジン』に出演されていた時に、関西弁で出演されていました。

芦田愛菜さんは、やはり関西出身者だけに、映画で違和感のない関西弁が話されています。

関西出身の芸能人の中には、関西弁を直さず、テレビや映画で活躍されている方も大勢いらっしゃいます。

しかし、芦田愛菜さんのように、関西弁と標準語を、違和感なくほぼ完璧に使い分けられるというのは、女優をやっているからでしょうか。

芦田愛菜さんと同じく、兵庫県出身の女優の北川景子さんや有村架純(ありむら かすみ)さんは、芦田さんと同じく使い分けれているように感じます。

イントネーションのかなり違う、関西弁と標準語を使い分けられるようになったということは、芦田愛菜さんは、2種類の日本語を使い分けれるまで、かなり努力されたのではないでしょうか。

まとめ

今回は、芦田愛菜さんの出身地や、喋り方についてまとめ、ご紹介していきました。

今後、もし芦田愛菜さんが、関西弁でドラマや映画に出演されるのであれば、ぜひ見てみたいと思います。

そして、これからも芦田愛菜さんの女優としての成長を見守っていきたいと思います。

【関連記事】芦田愛菜の顔はブサイクなの可愛いの?スタイルについての反応は?

【関連記事】【2020最新】鈴木福の身長が伸びたと話題に!子役時代と比べてみた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です